TOPへ 取扱い商品 アクセス お問い合わせ
日の本辨工業株式会社 〒522-0057滋賀県彦根市八坂町1236 Tel.0749-28-3111 info@hinomotoben.co.jp

会社概要

沿革

1943年9月
(昭和18年)
彦根市芹川町に於いて日の本辨工業株式会社を設立
初代 岡 嘉一 社長就任
1943年10月
(昭和18年)
造船統制下に於ける商船用バルブの生産に着手
1945年8月
(昭和20年)
敗戦による国家の変化に伴い、一般商船バルブメーカーとして企業継続可能となり生産に専念する
1953年12月
(昭和28年)
船用青銅弁及び鋳鉄弁の日本工業規格表示許可(JIS)を取得
1961年3月
(昭和36年)
資本金1,680万円に増資
1966年4月
(昭和41年)
株式会社旭製作所を吸収し、子会社 旭バルブ株式会社として発足
1969年5月
(昭和44年)

岡 英三 取締役社長就任

岡 嘉一 会長就任

1971年7月
(昭和46年)
彦根市宮田町に新工場を建設(敷地面積 19,199㎡)
最新の製造設備を導入し、試験検査設備を完備
1972年9月
(昭和47年)
鋳物工場を閉鎖し外注に切り替える
1973年6月
(昭和48年)
新工場に於いて船用鋳鉄弁の日本工業規格表示許可(JIS)を取得
1974年5月
(昭和49年)
本社を宮田町へ移転完了
1987年6月
(昭和62年)
企業の縮小合理化を断行。彦根市八坂町(現所在地)に移転
1990年10月
(平成2年)
工場移転に伴い、船用鋳鉄弁の日本工業規格表示許可(JIS)を取得
2008年5月
(平成20年)

岡 一嘉 取締役社長就任

岡 英三 会長就任

2008年6月
(平成20年)
船用鋳鉄弁及び船用球状黒鉛鋳鉄(ダクタイル鋳鉄)の日本工業規格表示認証(新JIS)を取得
2009年8月
(平成21年)
工場敷地を拡張し、新事務所並びに立体倉庫を建設(敷地面積 3,584㎡→5,329㎡)